スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シミュレーションはコーエーが王道だと思うのは私だけではないはず。

 こんにちわ~。 最近寒い日が続きますね。


 いつも女神転生IMAGINEしてるのですが、RPGよりもシミュレーションが好きなジャンルです。


 その中でもコーエーから発売されてる【信長の野望】【三国志】【青き狼と白き牝鹿】この三作は評価が高いです。


 最初にプレイしたのは信長の野望・戦国群雄伝で、廉価版が出てるので初心者におすすめしたい作品です。

 ただ、、、登場する武将の実績よりも知名度で能力が決まってる感じがしますね。


 
 オンラインゲームには効率や非効率というイデオロギーがプレイヤー各自にありますが、この類のジャンルにもあります。


 慣れてくると、いるんですよ・・・・変な版図の拡大の仕方をする人が。。。


 海岸に沿って日本一周したり、戦争をせずに征服したり。


 また、領土の開発を限界まであげてから、豊富な物量で敵を圧倒する人などなど。


 そういうマニアな人たちの掲示板が【コーエー数値化スレ】です。

 この手のゲームをやりこんだ人なら楽しめますよ。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。