スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長の野望・武将風雲録  龍造寺隆信でプレイ

 1555年 龍造寺隆信


 今回は九州三強の一角である龍造寺隆信でプレイしてみたいと思います。


 九州は薩摩の島津、豊後の大友、肥前の龍造寺このどれかがプレイしやすい大名です。

 三強とはいっても島津や大友と比較すると技術が無いです。(鉄砲や鉄甲船の製造)

 したがって、これらをどうにかしないといけません。


 人材は戦闘力の高い武将が多く、中でも鍋島直茂は政治力も高く軍師の才能を持っています。

 序盤は内政に努めますが素早く他国へ攻める為に軍備を整えます。

 兵士数はおおよそ、本国の守備に150~200 攻め込む為の兵士は100~200くらいでしょうか。

 攻め込む候補地は大内義長が収める周防か、南の肥後です。

 実力モードだと始まって早い時期に周防で謀反が起き陶晴賢が大名になるはずなので、配下にしたい人は謀反イベントが起きる前に攻略してもいいと思いますよ。

 このやり方だと肥前と周防の二国を軸に鉄甲船を開発してから他国に攻めるという手もできます。
(海路から攻め込み、鉄甲船を活用して瀬戸内海の制海権を掌握)

 ただ、、、時間がかかることと大友と島津の軍事力が増大すること、さらに毛利元就は脅威です。


 堅実に九州を統一する方法でやってみましょう。

 先ほどと同じ位の兵士数で肥後に攻め込みます。ここは簡単に攻略できると思います。

  

 問題は次です。肥後は島津対策の為に専守防衛を徹底して鉄砲も集めます。

 もし島津に攻められたら撤退させることを考えて無駄に犠牲を払わないようにしましょう。

 序盤で内政をしていれば本国から援軍も出せると思います。


 島津が疲弊したら大友の動向に注意して日向を攻めたいと思います。


 もし先に伊東氏が島津に倒されていたら、島津と大友が戦うようにさせましょう。
 (肥後の防備が徹底されてれば、島津の狙いは日向に移ると推測されます)

 残る大友と島津のどちらかが疲弊したら滅ぼしてしまいます。

 九州を統一できれば、あとは東へ進むだけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。