スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長の野望・武将風雲録  伊東義祐でプレイ

 
 1555年 伊東義祐


 信長の野望シリーズで伊東家は厳しく弱小の部類に入ると思います。

 理由は下記の通り


 ① 武将数が少ない。 優秀な人材がいない。

 ② 周囲を強国に囲まれている。 地理的に不利。

 ③ 国力が低い



 有名なところはプレイしやすいので、ここは難度を上げてみようかと思います。^0^



  内政開発はしますが、あくまで軍備優先で行います。

 もたもたしていると、北は大友宗麟が、南からは島津義久が虎視眈々と狙っています。

 スリルのあるドキドキした展開が楽しめると思います。


 浪人が仕官したら、迷わず召抱えましょう。

 
 具体的には言えませんが、武将数×1部隊最大兵士100=目安となる兵指数という感じでしょうか。

 全兵士と物資をもって攻めるなら200程度でもいいかと思います。

 
 最初に攻め込むのは肥後です。 ここも島津、大友、龍造寺の三強に囲まれているので先に併合してしまいたいですね。

 おそらく敵は篭城して隣国からも援軍が差し向けられると思います。

 スピードが命で早期に落とせるはずです。 (鉄砲隊には苦労しますが)

 
 肥後を落としたら、とりあえずスタート地点に立てました。

 

 南の島津は鉄砲を多く保有しているので、一時的に同盟を結べたらいいです。

 大友が四国に進攻すれば豊後を攻めてみましょう。 戦力は分散されてるので、いくらか戦いやすいはずです。


 次に龍造寺ですが、戦闘力の高い武将が多いので、少しづつ攻めて敵を疲弊させちゃいましょう。
 豊後を攻め取れていれば、豊後の技術力は高いので鉄砲を生産するというパターンをありますよ。

 鉄砲を生産できれば、つくった鉄砲は対島津に充てます。

 日向、肥後、肥前、豊後の4カ国の国力で島津を急いで制圧したいですが、敵は鉄甲船を作ってる可能性があります。 このため特殊マップの桜島で戦うと鹿児島湾に鉄甲船が待ち構えているはずです。

 はっきりいうと鉄甲船の大砲は脅威です。射程もあります。
 
 なので通常マップで戦いましょう・^-^



 文章では簡単に書いてるように思いますが、けっこう年数がかかっちゃいます。

 プレイ前は、攻め滅ばされておしまいと思ってましたが、どうにか生き延びています。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。